シャンプーボトルのイラスト。緑・赤・青

アミノ酸シャンプーって色々あるけど、どれも同じ?

そのような疑問、お感じになったことありませんか?

実はアミノ酸系の洗浄剤が配合されているシャンプーにも種類があります。

あまり神経質になる必要はありませんが、今後のシャンプー選びの参考になればと思いコラムにしました。

アミノ酸シャンプーの洗浄成分「アミノ酸洗浄成分」にはどんな種類がある?

アミノ酸シャンプーの洗浄成分にはいくつか種類がありますが、
主に

  • ココイル系
  • ベタイン系
  • メチルアラニン系

の大きく3つに分けられます。

大まかな特徴としては
メチルアラニン系のラウロイルメチルアラニンNaは最も洗浄にすぐれていて、肌に優しい成分。

一方ココイル系、ベタイン系は頭皮には優しいですが洗浄力が低いのが難点。

ココイル、ベタイン系だけだと洗いあがりが物足りなく感じることも。
ココイル系はさっぱりしていてベタイン系はしっとりしているものが多いです。

アミノ酸系シャンプーの界面活性剤の洗浄成分の特徴

試験管に入った水と油の写真

アミノ酸洗浄成分には

  • 陰イオン性界面活性剤
  • 陽イオン性界面活性剤
  • 両イオン性界面活性剤

の3種類があり、それぞれ特徴が異なります。

まず、陰イオン性界面活性剤は洗浄力や泡立ちがよいので洗い心地はとても気持ちよく感じますが、殺菌力は弱いので皮膚への刺激は優しいです。

次に陽イオン性界面活性剤は、髪への吸着力が高いことから、シャンプーよりもリンスなどヘアケア製品に配合されることが多い界面活性剤です。
髪を柔軟にして静電気を防ぎ、殺菌作用の働きがあります。

一方両イオン性界面活性剤は、洗浄力も殺菌作用もありますが、刺激性がほとんどないのでベビーシャンプーによく使われます。
また、髪を柔軟にする効果から、シャンプーやリンス、コンディショニング剤などヘアケア製品にも利用されます。

関連記事

デリケートな地肌の方が選びたいアミノ酸とは

髪をいたわる女性

アミノ酸シャンプーはデリケートな地肌の人にとっては嬉しいシャンプーですが、アミノ酸シャンプーといっても様々種類があります。
デリケートな地肌の人が選ぶアミノ酸シャンプーとは、全成分を見てしっかりと良質なものを選ぶようにしてください。

中には、高級アルコール系シャンプーの中にアミノ酸成分を入れたものもありますので、アミノ酸シャンプーといえどチェックすることをおすすめします。
これではアミノ酸の効果も半減してしまいますのでアミノ酸成分だけでできているものかを確認しましょう。

関連記事

成分の判断は一筋縄ではいかない!科学の進歩で次々と…

基礎化粧品でもそうですがシャンプーの成分は様々な種類があり、刺激になるものや低刺激のもの、頭皮や髪に優しい成分などなど、、、。

今現在の成分でもたくさんあってどれが本当に良いものなのか判断はとても難しいものになってきています。
恐らくこの先も科学の進歩により次々と新しい成分が出てくるはずです。

そうなれば成分の判断は更に難しく一筋縄ではいかなくなってきます。

マホ

新しいものが自分に合うかどうかを確認して使うことが大切になってきますが、判断は難しいでしょう。

そんな時は、ご覧のシャンプーにうるさい当サイトのような分析や口コミを参考にしてみて下さいね。 ト

関連するシャンプー

どんなアミノ酸系洗浄成分でも高級アルコール系洗浄成分と比べると全然頭皮に優しい!

虹と芝生。エコなイメージ写真

アミノ酸系の洗浄成分について上記でお話しましたが、いずれにしてもアミノ酸系ですので高級アルコール系だけの洗浄成分で作られたものに比べるとすべて頭皮に優しいものになります。

高級アルコール系シャンプーは誰でも手に入りやすい値段で、泡立ちも良く洗浄力が高いのはメリットと言えますが、石油由来のものや添加物などが配合されているものが多く、刺激が強いのがデメリット。

アミノ酸系に比べトラブルを引き起こしやすいんです。

アミノ酸は洗浄力が劣りますが、頭皮環境を整えたり刺激を減らすことができるので、地肌が弱かったりトラブルになりやすいなら、やはりアミノ酸シャンプーを使うことをおすすめします。

関連記事

年齢とともに悩みが増えてくる髪と頭皮のエイジングケアに取り入れたいこと

年齢を増すとそれに伴い悩みはどんどん増えていくのは仕方がありませんし避けては通れないことですが、できるだけ老化を予防したり頭皮の健康を保ち良好な状態で過ごしたいですよね。

頭皮の老化やトラブルは、毛髪の成長や健康にも直結することですし。

そこで取り入れたいのが植物エキスなどの美容成分。

植物エキスなどの美容成分を与えてあげることで、ハリやコシ、ツヤなどを蘇らせる助けになります。

女性が基礎化粧品で毎日お手入れするように、ヘアケアも毎日続けていくことで良好な状態をキープしていきましょう。
もちろん内側からのケアも合わせてすることが大切になってきます。