?を持つ女性。頭皮がベタベタするのに疑問を感じる

乾燥肌なのに、いつも髪と頭皮がベタベタする…。

どうして頭だけベタベタするの?
と思ってしまいますよね。

髪や頭皮がベタベタしてしまう原因は主に洗いすぎによるものがほとんどです。

その他にも乾燥肌だけど、食生活で脂っぽいものばかりを食べていると皮脂の過剰分泌に繋がり、ベタベタしてしまうことに。

皮膚を守る皮脂。洗い過ぎてると増える。

シャンプーを洗い流してる男性の頭部

本来、皮脂には肌を守る役割があります。

皮膚は皮脂で覆われてることによって、外的刺激から肌を守りトラブルを防いでくれます。
また、この皮脂が適度な状態で潤いが保たれています。

しかし、この皮脂は洗いすぎているとどんどん増えて悪循環に。
いわゆる皮脂の過剰分泌です。

ベタベタしているからと洗いすぎていると乾燥肌で必要な皮脂がただでさえ少ないのにさらに皮脂を奪ってしまうことにより皮膚を守ろうと皮脂が過剰に分泌してしまうのです。

マホ

皮脂は古くなると垢(アカ)になり剥がれ落ちますが、それまでは皮膚を守るために必要です。
必要だからこそゴシゴシ洗い過ぎると不足した分を補うために増えるのです。

清潔にしよう!しっかり洗おう!という人ほど危険

両腕で×を示す女性

実は適当にヘアケアをしている人よりも清潔にしようとするあまりしっかりと洗おうという人のほうが危険が高いです。

それはなぜかというと、前述したとおり一生懸命になればなるほど洗いすぎにより皮脂をどんどん奪ってしまうことになるからです。

ベタベタするからと、シャンプーする度に綺麗さっぱりとすべて取り去ってしまってばかりではいつまでたっても皮脂の過剰分泌はおさまりません。

関連記事

年齢を重ねるほど奪い過ぎに注意!皮脂の分泌が減ってます。

年齢を重ねれば重ねるほど水分と油分はどんどん減っていきます。

つまり皮脂の分泌もどんどん減っていき、特に女性は閉経を迎える40代後半~50代になるにつれて急激に少なくなっていきます。

そのため、若い頃と違い、年齢を重ねれば重ねるほど皮脂の分泌は減っていくので年齢を重ねるにつれて奪いすぎにはより注意していかなければなりません。

どんどん若い時と変わらない洗い方だと奪っていく一方なのに、皮脂の分泌は少ないためいつまでたっても改善できずに悪循環となってしまいます。

ベタベタしやすい人の対策。「ゴシゴシ洗いを止め、シャンプーの洗浄成分を見直そう!」

頭皮や髪がベタベタしやすい人はまず、見直すべきことは2つ。

  • ごしごし洗いを止めること
  • シャンプーの洗浄成分を見直すこと

この2つです。

ごしごし洗っていると頭皮に刺激を与え、炎症やかゆみなどのトラブルの引き金に。

また、爪などを使って洗うと頭皮にキズがつき、のちのち抜け毛などの症状につながる可能性があるので絶対にやめましょう。

そして、シャンプーの洗浄成分が脱脂力の強いもので洗髪しているとただでさえ皮脂の分泌が少ないのに余計に皮脂を奪ってしまいます。

ですから、洗浄成分が脱脂力が強いものが配合されているかいないかを今一度確認してみることも大切です。

関連記事