スーツの肩に乗っているフケを気にする男性

毎日しっかりシャンプーしているのに…、ヘアケアをしているのにかゆい!フケが出る!と悩んでいませんか?

シャンプーしたりトリートメントして、毎日変わらないケアを続けてきたのに「なんでかゆいの?」「いつの間にかフケが止まらない!」と原因がわからない方も少なくないでしょう。

フケも痒みも、どちらも頭皮の機能低下が関係しています。

このページは、フケまたは痒み、もしくはフケと痒みにお悩みの方へ、原因やケアの方法についてお伝えします。

フケ、かゆみは頭皮トラブルのサインで、薄毛や抜け毛に発展する可能性もありますから軽視しないで早めのケアをおすすめします。

フケやかゆみが出る原因とは

絶えないヘアトラブルに頭を抱える女性

まず、かゆみの原因は一番大きな要因は頭皮の乾燥です。

頭皮の乾燥は洗い過ぎによることが多いですが、逆にあまり洗髪をせずにいると皮脂が溜まり雑菌が繁殖し、かゆみを起こすこともあります。

次にフケの原因は、
フケは頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたもので、正常にターンオーバーがなされている場合目に見えませんが、正常ではないと目に見える、いわゆるフケ。

なぜ正常にターンオーバーがなされていないかというと、かゆみと同じで頭皮の乾燥で機能が低下していること。
また、炎症を起こしていたり、頭皮が傷ついたりしていてもなる可能性があります。

他に、フケはストレスなどの内面的原因もあります。

フケには2種類のタイプがあります。

フケといっても種類があり、

  • 頭皮が乾燥しすぎて発生する乾性フケ
  • ベタベタと脂っぽい脂性フケ

2種類のタイプがあります。

乾性フケの特徴は、
パラパラと自然と落ち、肩に積もるようなフケです。
これは頭皮の表皮細胞が塊のままはがれ落ちたものです。

乾性フケの原因は、大きな要因として洗い過ぎが挙げられます。

また、洗い方に問題がある場合。
フケが気になるあまり、強い力で爪を立ててゴシゴシと頭を洗っているとこれも皮脂を必要な分まで剥がすことになりますので、乾性フケを招いてしまいます。

一方脂性フケは、
ベタベタと脂っぽいフケのことで髪の毛にくっついたまま落ちないフケです。
脂性フケは乾性フケとは反対に、頭皮の皮脂が多すぎることによって起こるものです。

主な原因は2つあり、頭皮が清潔に保たれていないこと。
もう一つは、食生活の問題です。

フケやかゆみをそのままにしておくとどうなる?

髪と頭皮のトラブルを手鏡でチェックする女性

結論からいうとフケやかゆみをそのままにしておくと、抜け毛や薄毛につながる恐れがあります!

フケやかゆみは頭皮が健康ではないサインですから、そのままにしておくと毛穴まで炎症が広がってしまい、将来的に抜け毛や薄毛に繋がってしまうため、そうならないようしっかりとケアをし早めの予防が大切です。

関連記事

フケやかゆみは頭皮だけでなく毛髪トラブルのサインになるから早めのケアを

フケやかゆみは頭皮や毛髪トラブルのサインですから、放置しているとホームケアでは治しようがなくなり、皮膚科などへかからなくてはいけなくなります。

今現在、フケやかゆみが出ているならすぐにヘアケアを見直す事をおすすめします。

頭皮に良くないサイクルが起こっているので、ヘアケアを見直してもすぐには改善は難しいですが、少しずつ良いサイクルへ進みますので、正しいケアを続けて頭皮の状態を改善し今後もトラブルを予防していきましょう。

シャンプー以外何かしてますか?フケやかゆみの原因はシャンプーにあります!

フケやかゆみの原因として頭皮の乾燥が挙げられますが、その乾燥を誘発する一因がシャンプーです

フケや痒みが出ると頻繁にシャンプーをしたくなりますよね。

しかし、それでは頭皮のバリアの役割を果たす皮脂を取り過ぎて、かえって悪化させる原因になるのです。

乾燥フケならシャンプーは1~2日に1回に留めることをおすすめです。

また、シャンプーが体質に合っていない可能性も考えられますので、一度低刺激性のものに切り替えるのも良いかもしれません。
さらにシャンプーの成分でも洗浄力が強いと刺激性も強いため、頭皮が乾燥しやすくフケやかゆみを引き起こす原因になります。

シャンプーは安価なものほど洗浄力も強く、刺激も強い傾向にあります。

シャンプーは洗浄成分と潤い成分が健やかに育むカギ

風呂上がり笑顔で髪の毛をタオルドライする女性

先ほど少し触れましたが、シャンプーには成分が大きく関係してきます。

洗浄成分が強いと当然洗浄力は強くなりますし脱脂力も強くなります。
それに伴い刺激性も強いです。

洗浄力や脱脂力が強いと、洗髪したときに爽快な気持ちを得られて洗った感があるかと思いますが、肌を弱める原因になるので様々なトラブルを招き兼ねません。

ですから洗浄成分はマイルドなものを、
それに加えて潤い成分が配合されているシャンプーを使うのが、頭皮や毛髪を健やかに保つカギとなります。

関連記事

ゴシゴシしない!頭皮も顔と同じように優しく洗おう

洗顔と同様に顔の皮膚と頭の皮膚はつながっているわけですから優しく洗うのは鉄板。
ゴシゴシ洗うと顔と同じで頭皮だって傷つきます。

爪をたてて洗うのはもってのほか!
爪をたてゴシゴシ洗うのではなく、ゆびの腹を使って優しく洗い汚れをとってあげましょう。

ゴシゴシ洗っていると頭皮が傷ついてしまい、そこに細菌が入り込んでしまったり刺激を感じヒリヒリしたりしてしまい、頭皮トラブルを招く可能性が十分にあります。

洗い方1つでも随分違ってきますよ。

頭皮を良く濡らし、優しく洗った後はよくすすぎ、ドライヤーで速やかに乾かすべし

ヘアケアで大切なことは頭皮を洗った後はよくすすぎ、ドライヤーで乾かす
この一連の流れです。

頭皮を良く濡らし、ホコリなどの汚れをある程度落とし、落としきれないスタイリング剤などをしっかりとシャンプーで浮き上がらせ汚れを落とした後、それらをしっかりとすすぎ残しのないように洗い落とし、その後は速やかにドライヤーで乾かすこと。

どれか1つ怠ってもダメなんです。

特にドライヤーは面倒だからと厳かになりがちですが、ドライヤーまでがワンセットですよ!