○と×を持つ女性

シャンプーはほとんど毎日使われるものですが、「シャンプーなんて何を使っても同じでしょ」と思っている人も多いと思います。

それでも最近は髪や頭皮のトラブルに毎日使っているシャンプーが大きく影響することに、気づいてシャンプーを見直す方が増えてきています。

でも、まだ疑問に感じている方に、シャンプーの種類による違いはなんなのか。
ということをこちらで掘り下げてみたいと思います。

シャンプーによって何が違う?!

壁にもたれて肘をついて考える女性

育毛シャンプーやスカルプシャンプー、アミノ酸シャンプー、ノンシリコンシャンプーなど、細かく分けるといろいろな種類がありますが…

目に見える点で、大きく違うことはやはりコストです。

そして、シャンプーとしての機能や成分について一番の違いは洗浄成分です。

普通のシャンプーは高級アルコール系に分類される洗浄剤が使われているのが多いですが、育毛シャンプーのほとんどが髪と頭皮に優しいアミノ酸系成分が使われています。

髪と頭皮を健やかにするために抑えておきたいシャンプーの違い・基礎知識。

マホ

ここで、頭皮を健やかに保ち元気な髪の成長を助けるために抑えておきたい。シャンプーのキモとなる洗浄成分の違いについてご紹介します。

シャンプーの洗浄成分の違い

育毛シャンプー(またはスカルプシャンプー)は、アミノ酸の洗浄成分を用いたものがほとんどですが、
中には、高級アルコール系の洗浄成分に一部アミノ酸洗浄成分を配合したシャンプーもあります。

シャンプーに用いられる洗浄成分は

  • 高級アルコール系
  • 石鹸系
  • アミノ酸系

の主に3つに分けられます。

それぞれ解説していきます。

高級アルコール系

多くの市販のシャンプーが高級アルコール系の洗浄成分です。

主に「ラウレス硫酸~」「ラウリル硫酸~」と表記されています。

硫酸系の洗浄成分は洗浄力が強いのが特徴で、泡立ちも良くコストも抑えられるので安価なシャンプーほどこの洗浄成分が用いられています。

頭皮の弱い人、乾燥しやすい人にとって脱脂力が強過ぎる傾向にあり、カサついたりフケやかゆみのトラブルを引き起こす一因となります。

他に「ラウレスカルボン酸」や「ラウレス酢酸」などもありますが、
これらはラウレスと名前は似てますが硫酸系ではなく洗浄力も比較的マイルドです。

頭皮の弱い方はもう一つ注意すべき洗浄成分が

ここでご紹介した硫酸系の洗浄成分に代替えして最近増えているのが「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」です。

このオレフィン(C14-16)スルホン酸Naも硫酸系と同じように洗浄力が強いです。
鉱物油フリーとか、石油系界面活性剤不使用とうたっていても、このオレフィン(C14-16)スルホン酸Naが入っているなら肌の弱い方は避けた方が良いでしょう。

石鹸系

脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムの洗浄成分を配合したシャンプーです。

安価で環境にも優しいのはメリットですが、石鹸系も洗浄力が高く皮脂を奪い過ぎる傾向があるので、カサついたり乾燥してフケやかゆみの一因になる恐れがあります。

しっかり洗いたい方やオイリーでさっぱりしたい方におすすめと言えますが、キシミやすかったりカラーの退色が早いなどのデメリットもあります。

アミノ酸系

アミノ酸は上記2つの洗浄成分に比べ最もマイルドな洗浄成分

主に用いられるのはココイルグルタミン酸やココイルアラニンが原料の洗浄成分。グルタミン酸はアミノ酸を合成する助けとなり髪のダメージを補修したり頭皮のコンディションを整える働きがあります。

デメリットを上げるならこちら

  • 洗浄力が弱い
  • 価格が高い

洗浄力がマイルドで乾燥を防げる反面、同じ理由でデメリットにもなります。

整髪料を使う方は、落ちにくい場合は2度洗いするのがおすすめ。
オイリーでベタつきやすい方は物足りなさを感じる方もいるでしょう。

また、質が高い反面、安価なものに比べると高価になります。
その分、しっかり髪と頭皮をケアしたい人に向けたシャンプーと言えます。

育毛シャンプーに入ってる美容成分って効果あるの?

育毛シャンプーには、頭皮を健康へと導く保湿成分など、様々な美容成分や植物エキスなどが入っています。

これらの美容成分ってホントに意味あるの?効果あるの?
と疑問をお感じの方もいらっしゃるでしょう。

私たちが実際に数々の育毛シャンプーを使った実感と、友人・知人が使った感想を元に言うと、
実感の度合いには個人差があります。

特に違いを感じにくいのは普通肌や肌の強い人です。

こういった方は、そもそも頭皮にトラブルが出にくく何を使っても別に大丈夫という方です。

違いを感じやすいのは、乾燥肌や敏感肌の方などの地肌がデリケートな方です。
肌の弱い人ほど潤いを実感しやすいでしょう。

また、変化や効果を実感できるまでの期間も個人差があります。

ふけやかゆみ、乾燥が酷い方や年配の方です。

年齢を重ねるほどターンオーバー(新陳代謝の周期)が遅れてきますので、若い人と比べると効果を実感するまでの期間も要するでしょう。

そもそも「洗う」という行為は乾燥を招きます。

洗浄すると汚れだけでなく皮脂を奪います。
皮脂は肌の水分が蒸発しないように守る働きもあります。

保湿成分を与えながら洗うことによって乾燥を防ぐことにも繋がります。

また、顔や身体と同じように頭皮も程よいうるおいがあってこそ健康が保たれます。

乾燥を防ぐこと、そして年齢とともに減少していく保湿成分を与えることで頭皮環境を整えていきましょう。
これは顔のスキンケアと同じ発想ですね。

キー成分は、洗浄成分と保湿成分です。

カギ

シャンプーを使う際にキーとなる成分は、洗浄成分と保湿成分にあります。

ではどんな成分がいいのかといいますと、
代表的な成分は、ホハバ油や不飽和脂肪酸、アミノ酸、にんにくエキス、グリチルリチン酸などです。

マイルドな洗浄成分は頭皮にも髪にも刺激が少ないので、頭皮や髪に優しく、それに加え保湿成分がたくさん配合されていると、頭皮や髪に栄養が行き渡り悩みを改善しやすくなってきます。

関連記事

安価なシャンプーでは年齢や肌質によってトラブルが出る理由

風呂上がりに薄毛を気にする男性

安価なシャンプーは年齢や肌質によってトラブルが出やすいのは洗浄成分に問題がある可能性が高く、安価なシャンプーに多いラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウム。
洗浄力は非常に高く泡立ちがいいのが落とし穴。

洗浄力が高すぎるため、頭皮に必要な皮脂までも奪ってしまい、それを補おうと皮脂が過剰に分泌され、それをさらに奪い…と言う悪循環になりどんどん頭皮を傷めてしまいます。頭皮が傷むとフケや湿疹、薄毛などの問題を生じます

関連記事

育毛シャンプーが薄毛や抜け毛、頭皮トラブルの予防に繋がる理由

薄毛や抜け毛、頭皮トラブルの予防として知られている育毛シャンプーですが、なぜ育毛シャンプーがトラブル予防に繋がるのかというと、まず大きな理由としては最初にお伝えした通り洗浄力、洗浄成分です。

アミノ酸系の洗浄成分が多く洗浄力はとてもマイルドなため、安価なシャンプーとは違い必要な皮脂を残しつつ洗髪できるからです。

もうひとつは
育毛成分や保湿成分が豊富に配合されているものが多く、頭皮環境を整えてくれるといった効果があるからです。

毎日毎日、使い続けるシャンプーですから髪と頭皮に負担があるのか、優しいのかは数カ月、数年使い続けると大きな違いになるはずです。

パサつき、枝毛など毛髪のケアにも育毛系のシャンプーが役立つ理由

育毛系のシャンプーは洗浄力がマイルドなアミノ酸系の洗浄成分がほとんどで、そのアミノ酸系の洗浄成分は天然由来で毛髪や頭皮にダメージを残さず、適度な洗浄力で汚れを落とすことができます。
また、髪をつくるタンパク質の元となるアミノ成分が主体のため、使用することでアミノ酸が浸透し、ある程度、髪の痛みを補修してくれます。

もちろん、頭皮を健康に導く保湿成分も多く配合されているものが多いので、栄養が行き渡ることで髪のまとまりがよくなりパサツキや枝毛が目立たなくなる効果も期待できます。

育毛シャンプーは基礎化粧品と同じ認識で、トラブルや老化予防を目的で使おう

育毛シャンプーは美白化粧品と同じで肌を白くするのではなくあくまでシミやくすみ予防として使うのと同じで、発毛するのではなく様々な髪と頭皮のトラブルや老化予防を目的として使いましょう。

育毛シャンプーは頭皮環境を整えてあげるといった意識で。

アミノ酸の育毛シャンプーが向かない人

では、アミノ酸系洗浄成分の育毛シャンプーが向かない方はどんな人なのか。

  • 整髪料をがっちりつけてる人
  • 皮膚が強くしっかり洗いたい人
  • オイリー質の人

アミノ酸系洗浄成分は洗浄力がマイルドですが、反対から見ると洗浄力が弱いのがデメリットと言えます。

ガッチリ整髪料をつけていると落ちにくいので、2度洗いする必要がある場合もあり向いてないと言えます。
また、頭皮の強い方、オイリーでしっかり洗いたい方には物足りなさを感じる方もいるでしょう。

育毛シャンプーが向いている人

  • ふけやかゆみなどのトラブルが出やすい人
  • 頭皮がカサつく人
  • 乾燥肌の人
  • 敏感肌・頭皮の弱い人
  • アトピー体質の人

アミノ酸系の洗浄成分を用いた育毛シャンプーは、普通の安価なシャンプーでは頭皮がカサカサしたり、ふけやかゆみなどトラブルの出やすい方に向いていると言えます。

洗浄力が優しいという事は、皮脂を奪い過ぎてカサカサになるのを防いでくれるので、頭皮のうるおいを守りバリア機能を高めることにも繋がります。

頭皮の弱いお子さんはアミノ酸シャンプーを選ぼう。

お母さんと遊ぶ赤ちゃん

小さなお子さんやアトピー体質など頭皮の弱いお子さんも大人同様洗浄力の強い安価なシャンプーは避けたほうがいいです。

お子さんは外で目一杯遊んだり夏場なんかは特に汗をかいたりするからしっかり洗髪してあげたい気持ちはわかりますが、頭皮が弱いのに洗浄力が強いシャンプーはNG。

たくさん汗をかいたとしても、優しくしっかりすすいであげて、アミノ酸系のシャンプーで洗髪しても十分汚れや汗臭さも取れますので、出来るだけ優しいマイルドなシャンプーを選びましょう。