傷んだ髪に不満を感じている女性

髪にハリやコシが失われてきたのは、歳のせいと諦めないで下さい!

髪はお手入れの仕方で変わりますし、年齢を重ねるほどヘアケアやスカルプ(頭皮)ケアは大事になってきます。

とは言っても、ほとんどの人はシャンプーくらいのものですよね。
頭皮に直接触れるシャンプー。頭皮を清潔に保つためのシャンプーがあなたの頭皮に合っているかどうかで、髪の健康にも大きく左右しますので、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

間違ったシャンプーの方法がダメージヘアの原因になる

正しくシャンプーをした気でいても実はそれは間違ったシャンプー!ということもしばしば。
間違ったシャンプーの方法はダメージヘアの原因につながってしまい、頭皮の乾燥や脂っぽい、刺激を感じたり、パサツイたりと様々なトラブルを招いてしまう結果になります。

ですから、もう一度それは本当に正しいシャンプーの方法なのかを見なおしてみてください。

関連記事

洗い方に気をつけても、洗浄力が強いと頭皮はダメージを受ける

シャンプー・トリートメント・石鹸、バスタオルの写真

30代ともなると、特に女性の頭皮の皮脂の分泌量はかなり減少します。

そのため洗浄力の強い硫酸系シャンプー(ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na)を使って髪を洗っていると頭皮の乾燥につながることが多いです。
洗浄力の強い成分が配合されたシャンプーを使っていてはいくらシャンプーの洗い方に気をつけて、正しくシャンプーをしても頭皮はダメージを受けるわけですから、十分なヘアケアができません。

ですから、洗浄力の強い成分はすっきりするかもしれませんが、優しいマイルドなものが頭皮の負担を少なくできます。

関連記事

シャンプーは頭皮を洗うもの!頭皮の皮脂は洗い残しても奪い過ぎてもいけない

湯船でシャンプーを頭に垂らす女の子

シャンプーで髪を洗っている人はいませんか?

それは間違った洗い方です。

髪だけを洗っていては頭皮は汚れだらけ。
シャンプーは髪を洗うのではなくて頭皮を洗うもの。
頭皮を洗うときに注意したいのが、洗い残し。

洗い残しは毛穴が詰まりトラブルにつながります。

ですからしっかり洗う必要があるのですが、その時にさらに注意しなくてはならないのが洗い過ぎによる皮脂の奪い過ぎです。

これにより乾燥や余計に皮脂がでて脂っぽくなる原因です。

じゃぁ、一体どうすればいいのなんて思う人もいるでしょう。
簡単にまとめると洗髪は1日1回夜に行い、低刺激のシャンプーで。
シャンプーをする前にすすいである程度の汚れを落としてあげるといいですね。

健康な髪は、健康な頭皮によって生まれる

様々な原因が重なり頭皮のトラブルになり、頭皮は髪を生やす土壌ですから、髪のトラブルへと繋がっていきます。

つまり健康な髪は、健康な頭皮によって生まれるというわけです。

健康な頭皮にするためには血行不良はもってのほか。
頭皮を清潔に保ち、正常な皮脂によって頭皮が守られているという状態を作ること、それがとても大切になります。

他にもバランスの良い食事を心がけることも、健康な頭皮を作るために重要な事なので、是非日々の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

フケやかゆみ、頭皮の硬化はヘアトラブルのサイン!?

頭皮の硬化には原因があり、血行が悪くなり、それゆえに毛細血管がうまく収縮できず栄養が行き渡らなくなります。
さらに毛穴が詰まると汚れはどんどん溜まり当然硬くなります。

もちろん、フケやかゆみは頭皮が弱っている証拠ですので薄毛や抜け毛などのヘアトラブルのサインを出していることになります。

ですからサインを出したらすぐにケアをしてあげる、出ていなくても予防をすることが薄毛や抜け毛対策になります。

関連記事

シャンプーは毎日使うものだから、洗い方と低刺激がダメージ予防の基本

シャンプーは毎日の生活で欠かせないものですよね。
毎日使うものだからこそ気をつけなくてはならないことがたくさんあります。

なにより優先すべきことは洗い方と低刺激であること。

どちらか一方だけを意識していても効果は十分に発揮されません。

頭皮に負担をかけない低刺激のもの、正しいシャンプーの仕方をするだけで随分と変わってくるはずです。
これは基本ですのでしっかり予防して健やかな頭皮、髪を目指しましょう。

関連記事