• フケがヒドイ
  • かゆみが治まらない
  • 洗髪して鏡で頭皮を見たら赤くなってる
  • シャンプーしても翌日にはベタベタ
  • 頭皮が臭う
  • 毛髪がやせ細って薄毛になってきてる

このような悩みを抱えていませんか?

管理人ハル

私は、全部の悩みを抱えてました。

上記の悩み、すべてが当てはまるなら
脂漏性皮膚炎の可能性が高いでしょう。

2つ以上なら、脂漏性皮膚炎の予備軍かもしれません。

脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)とは
かゆみをともない、赤くなったり、皮膚が荒れてカサつき、ベラベラとはがれてくる場合もあります。頭にできた場合、皮膚がはがれてくるためフケ症と勘違いしてしまう方も多いようです。放っておくと皮脂が酸化されて、加齢臭のようなニオイを放つ原因ともなります。

出典:ヘルスケア大学より

脂漏性皮膚炎って、毛髪の成長の妨げになり髪がやせ細ったり抜け毛が増えることもあるので早めの予防と対策をおすすめします。

管理人ハル

ここから、
私の症状と改善までの体験をご紹介しますので、
あなたが脂漏性皮膚炎で悩んでいるなら、少しでも参考になれば嬉しいです。

私は脂漏性皮膚炎でした。

20代の頃から脂漏性皮膚炎と診断され、皮膚科への通院を繰り返し
治ったと思ったらまた炎症を引き起こしの繰り返しで30代後半まで繰り返しました。

私の症状は、もともとフケ・かゆみがヒドい状態で、

その後
20代になるとシャンプーした後の頭皮が真っ赤になっていてヒリヒリするし、翌朝にはベタベタしている状態でした。

病院へ行くと「脂漏性(しろうせい)皮膚炎だね」と診断され、塗り薬3種類とビタミン剤が処方されました。

毎晩シャンプーしたら薬を塗布して食後に欠かさずビタミン剤を飲んでを繰り返し、2~3か月も続けると症状は改善されるのですが、

良くなったと思って薬を止めるとすぐに炎症がひどくなる
という事を15年以上繰り返していました。

私が脂漏性皮膚炎をどうしても治したかった理由

脂漏性皮膚炎は、ベタベタする頭皮が赤く炎症を引き起こしていて、シャンプーしたらヒリヒリ、チクチクするしフケもです。

一般的に言われる頭皮のトラブルを全種類引き起こしていたようなものでしたから、治したかったのは当然ですが、私がどうしても脂漏性皮膚炎を根本的に完治させたかった理由はもう一つあります。

管理人ハル

それは、

薄毛になるから
です。

脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が過剰に増えてベタベタな状態にやすくなり、頭皮が過剰に分泌する皮脂に負けて炎症を引き起こしますが、マラセチア菌という常駐菌が異常繁殖することで、髪の成長を阻害し髪の毛がやせ細ってきます。

全ての人に必ず当てはまるかと言われるとわかりませんが、私は脂漏性皮膚炎が悪化するとともに髪の毛がやせ細り茶色っぽくなりました。

症状が悪化すると同時に急激にやせ細ってペタッとボリュームがあからさまになくなるので、周りの視線も気になるほどでした。

  • 小雨に少し濡れただけで、髪がベチャベチャ。
  • セットしても、1時間も持たずにペタっとなってしまう

ハゲかけてる感じです。

通院して薬で治ると太く黒い髪に戻るのですから、間違いなく脂漏性皮膚炎で薄毛になってるんだなと確信しました。

でも事情の知らない人から見たら、増毛や植毛でもしたんじゃないかと見られていても不思議じゃないかもと思うほど。苦笑
今ではこう言えますが、当時は深刻でした。

塗り薬やビタミン剤で脂漏性皮膚炎の症状が和らいで髪にハリやコシを取り戻しても、塗り薬を止めるとまた炎症が悪化するのですから、根本的な解決をしない限り薬がなくなるたびに病院へ行かなきゃいけないし、塗り薬を止めたら薄毛になるなんて嫌だと思ったんです。

根本原因がシャンプーでした。

浴室に並ぶシャンプーボトル

15年以上も繰り返したというと、
なんとも間抜けな話に聞こえるかもしれませんが。汗

当時はシャンプーが原因だという事も知らず、
また、病院で進められた薬用シャンプーも全然効果がなく、

その上、医者には「治りにくい病気だから」と言われていて
私自身も「仕方ないのかなぁ」と思っていました。

その後、ネットが普及して私自身も色々と調べるようになって

どうやら安価なシャンプーに入っている添加物や刺激の強い洗浄力が根本的な原因かもしれない
という事にたどり着いたのが
完治へ向かうきっかけとなったのです。

安価なものはどれを選んでも同じ

私の場合、もともと乾燥肌で

シャンプーはしっかり清潔にしようと毎日洗ってました。


当時は安価なシャンプーを使っていて、
フケやかゆみが出るので、
シャンプーを度々変えていましたが、

メーカーを変えるだけで、
ドラッグストアで選んでいたので
結局どれも同じようなものでした。
(問題は洗浄成分だったのです)


ネットが普及して自分で調べるようになり気づきましたが 安価なものはどれも「高級アルコール系シャンプー」に分類され、香りやテクスチャが多少違うだけではっきり言ってどれを選ぼうが同じようなものです。

洗浄力や刺激をやわらげることが頭皮の健康に繋がる

頭を抱える女性

洗浄力が強ければ皮膚をおおう皮脂を奪い過ぎるので、皮膚表面はカサカサになります。

皮脂は
古くなれば垢(アカ)になりますが、

皮脂はそもそも皮膚を守るために必要なので分泌されているわけで、

ゴシゴシ洗ったり洗浄力が強く皮脂を奪い過ぎれば、カサカサになります。

乾燥すると、痒くなったり粉をふいたように皮膚がポロポロ剥がれてフケになります。
(湿度が低下する秋や冬に、身体がかゆくなるのも乾燥が主な原因です。)

その上、乾燥した状態が続くと肌は「皮脂が不足してる」「皮膚を守れない」と判断して皮脂の分泌が増えるようになります。

こうして、頭皮の新陳代謝のサイクルが乱れ始めるのが「脂漏性皮膚炎」への始まりと言えます。

必要以上に清潔にしようとするのも考え物で、適度に優しく洗うという事が大切だったのです。


なので、

  • ゴシゴシ洗う
  • 安価で脱脂力の強いシャンプーを使う

この2つを止める必要があります。

そもそもシャンプーの違いってなに?

シャンプーの洗浄成分の強さや刺激について触れましたが、ここでシャンプーの洗浄成分の違いについて少しご紹介します。

シャンプーは、一般的には主に3種類の洗浄成分に分類されます。

高級アルコール系

多くの市販のシャンプーが高級アルコール系の洗浄成分です。
主に「ラウレス硫酸~」「ラウリル硫酸~」と表記されています。

硫酸は洗浄力が強いのが特徴で、泡立ちも良くコストも安く安価なシャンプーほどこの洗浄成分が用いられています。

頭皮の弱い人、乾燥しやすい人にとって強過ぎる傾向にあり、カサついたりフケやかゆみのトラブルを引き起こす一因となります。

他に「ラウレスカルボン酸」や「ラウレス酢酸」などもありますが、
これらは硫酸ではなく洗浄力も比較的マイルドです。

石鹸系

脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムの洗浄成分を配合したシャンプーです。

安価で環境にも優しいのはメリットですが、石鹸系も洗浄力が高く皮脂を奪い過ぎる傾向があるので、カサついたり乾燥してフケやかゆみの一因になる恐れがあります。

しっかり洗いたい方やオイリーでさっぱりしたい方におすすめと言えますが、キシミやすかったりカラーの退色が早いなどのデメリットもあります。

アミノ酸系

アミノ酸は上記2つの洗浄成分に比べ最もマイルドな洗浄成分

主に用いられるのはココイルグルタミン酸やココイルアラニンが原料の洗浄成分。
グルタミン酸はアミノ酸を合成する助けとなり髪のダメージを補修したり頭皮のコンディションを整える働きがあります。

頭皮が乾燥しやすかったり、ふけやかゆみなどのトラブルが出やすい方は、アミノ酸シャンプーがおすすめです。

関連記事

皮脂は奪い過ぎると増える

話を戻しますと、私たちの素肌をおおう皮脂は、皮膚を健康に保つために必要だから分泌されることをお伝えしました。

ゴシゴシ洗ったり、肌に対しシャンプーの洗浄力が強過ぎると皮脂を奪い過ぎてカサカサになりますが、皮膚を守るために必要な皮脂が、奪い過ぎてカサカサになると分泌が増えます。

分泌が増えてくると、

  • 無防備で刺激に弱くなってるからチクチクしたような痒みが出る
  • シャンプーしたのに翌朝にはベタベタ
  • しっかり洗ってるのに気づけばなんだか脂っぽい

という状態になります。

なので、頭皮だけ異常にベタつきやすい方はシャンプーを優しいものに変えて、優しく洗い皮脂バランスを整えてあげる必要があります。

なお、頭皮が炎症を引き起こしたり、ヒリヒリしたかゆみが出るのは頭皮の常駐菌であるマラセチア菌が関係しているそうです。

マラセチア菌について
皮脂中に含まれる中性脂肪が真菌(主に癜風菌「マラセチア」というカビ)によって分解され、それが皮膚を刺激して炎症を起こします。
マラセチアは、皮膚の皮脂腺から毛穴にいる真菌で、このカビが増えて起こる病気に癜風という病気があります。

引用元:五本木クリニック 脂漏性皮膚炎とはより

このマラセチア菌は髪の成長にもよくなくて、私の場合、脂漏性皮膚炎が悪化すると髪がやせ細ってボリュームを失って薄毛になりました。

脂漏性皮膚炎が治ると、髪も太さを取り戻すので原因はこれでしょう。

炎症がヒドイ方にはこんなシャンプーもあります。

考えてみれば、
髪と頭皮のお手入れはシャンプー以外には特に何もしていないのにフケ・かゆみがヒドくて赤く炎症まで引き起こしていたのですから、シャンプーに原因があるのは明らかでした。
私の場合、気づくのに相当時間かかりましたが。汗

当時、そのことに気づき
色々と調べたときは、海外のシャンプーを輸入して使ってました。

日本には炎症を抑えるための成分が配合されたシャンプーがなかったからです。

因みに、
そのシャンプーとは
ニナゾルシャンプーです。

通販で届いたニナゾルシャンプーの箱

私は下記の個人輸入代行業者から購入してました。

ニナゾルシャンプーを手に持った写真

もしも、ご購入の際は注意事項や副作用・用法などによく目を通したうえ自己責任でご購入下さい。

私が購入してたサイト
→ニナゾルシャンプー

このシャンプーは効果てき面で、
どんどん良くなっていくのを実感できました。

自分の症状に合わせて、
1日おきから良くなってきたら1週間に2~3回と頻度をコントロールする必要があります。

ニナゾルシャンプーの使用方法
最初の14日間は連続して、本商品でシャンプーしてください。洗い終わったら2~3分染み込ませてから十分な水(お湯)で洗い流してください。 その後は1~2日おきに本商品をご使用ください。

出典:ニナゾルシャンプーより

上記のニナゾルシャンプーを使う場合も、 アミノ酸シャンプーを併用して使うことをおすすめします。

炎症を引き起こす人にとって
高級アルコール系シャンプーは洗浄力や刺激が強過ぎです。

ニナゾルシャンプーを使う際の注意点

管理人ハル

ニナゾルシャンプーは長年、脂漏性皮膚炎に悩まされてきた私にとって救世主と言っても言い過ぎではないほど効果的なシャンプーでしたが注意点があります。

抗菌効果や殺菌効果が強いので、良くなったのに使い続けると逆にかゆみやチクチクした症状が出ました。
上記で使用方法をご紹介しましたが、良くなったと感じてすぐに使用を止めてしまうと、また脂漏性皮膚炎の症状が出てきますし、良くなっても同じペースで使い続けているとチクチクしたかゆみが出ることがありました。

脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が過剰に増えている状態なのですが、過剰分泌のサイクルになっているのでシャンプーで炎症を抑えても、すぐに分泌サイクルが正常に戻るわけではありません。

なので、治ったと思っても使用頻度を減らしながら3ヵ月から半年くらいは続けていくことをおすすめします。

あと、ニナゾルシャンプーを使わない日は、刺激を抑えたアミノ酸系のシャンプーを使うことをおすすめします。

せっかくニナゾルシャンプーで症状をやわらげても、普段のシャンプーで強い刺激を与えていたらいつまで経っても根本的な改善は難しいからです。

ニナゾールシャンプーでヒドイ炎症からの改善を目指すなら
次にご紹介するシャンプーの併用をおすすめします。

ベタつき・臭い・炎症・湿疹を見直すためにおすすめのアミノ酸シャンプーとは

海外から輸入するなんて大丈夫?
と、心配される方もいるでしょう。

私は当時、輸入する方法しか見つけられなかったことと、本当に何とかしたいと悩んでいたことから、ダメもとでも個人輸入で購入する方法に飛びつきました。
(結果的には良い選択でしたが。)

ただ、最近になって日本のメーカーでも
脂漏性皮膚炎の対策を目的としたシャンプーが販売されています。

購入したカダソンシャンプーを手に持って撮影した写真

今はこれを使ってます。

脂漏性皮膚炎の他、
かゆみを伴うフケの予防にもおすすめです。

こちらは洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーなので、
毎日使っても大丈夫です。

管理人ハル

それにこのカダソンシャンプーがおすすめのもう一つの理由は、
保湿成分が〝水溶性のみ”という事

ホホバオイルや馬油など本来頭皮に良いとされる植物系や動物系の油脂も、脂漏性皮膚炎で皮脂が過剰に分泌されると頭皮の常駐菌であるマラセチア菌が増えてしまいます。
これら油性の保湿成分が、このマラセチア菌にとってエサになって繁殖し、かゆみを引き起こす原因になるそうなんです。

だから、他のアミノ酸シャンプーでは中々治せないんですよね。

頭皮がこのような状態の方におすすめです。

生え際のフケの写真と頭頂部の赤みの写真、分け目のフケの写真

「頭皮の炎症」「脂性肌」「フケやカユミ」の予防に。

カダソンシャンプーの取り扱いがあるショップは

カダソンシャンプーが安く買えるネットショップを調べてみました。

楽天・アマゾン・メーカー直販で購入できます。

楽天
  • 1本3,218円
  • 2本セット6,436円(送料無料)

→楽天でチェックする

アマゾン
  • 1本3,738円

→Amazonでチェックする

公式サイト
  • 1本3,218円
  • 2本5,150円(定期コース・送料無料)
管理人ハル

単品で購入するなら楽天かメーカー直販。2本セットならマーカー直販がお得です。次回以降も20%OFFで使えますし。
解約自由です。

もしも、カダソンシャンプーを使うなら、頭皮の状態が良くなっても最低半年から1年くらいは続ける事をおすすめします。(頭皮の皮脂分泌のサイクルを戻すためにも)

シャンプーする際の「洗い方」にも気をつけてほしいポイントが

シャンプー剤の成分にこだわるだけでなく、洗い方にも気をつけてほしいポイントがあります。

  • シャンプーする際ゴシゴシしない
  • すすぎは十分に時間をかけ丁寧に
  • 自然乾燥しない。ドライヤーで頭皮から乾かす
  • 毎日シャンプーする

シャンプーする際は、まずお湯で予洗いします。
髪だけでなく頭皮までしっかり濡らします。

シャンプーする際も、頭皮をゴシゴシせず優しく「泡で洗う」という感覚で洗ってください。

そして、すすぎもゴシゴシせず優しく十分に時間をかけて洗い残しのないように。
すすぎはシャンプーした時間の3倍くらいが理想的。3分以上かけてすすぐと良いです。

そして、洗髪したらドライヤーで速やかに乾かしましょう。
湿った状態でいると常駐菌が悪さをします。

ドライヤーは頭皮を先に乾かすことを意識すると良いです。
髪から乾かすと毛先がオーバードライで傷む原因になります。

いま私が以前のように脂漏性皮膚炎になったら最短で治すためにこうします!

ここまで、私が脂漏性皮膚炎に悩まされて試行錯誤した経緯から対策や予防法まで色々お伝えしてきました。

脂漏性皮膚炎って、私の経験から言わせて頂くと治ったと思って治療や対策を止めたら、また徐々にひどくなってを繰り返す。
ということの連続でした。

炎症を引き起こすということは、すでに皮脂の過剰分泌のサイクルができあがっているからで、症状がヒドイ人ほど完治するまでには時間を要するんです。

管理人ハル

長年色々試してきた私が、もしも今現在、「私が脂漏性皮膚炎になったら対策方法として最短で治すためにこうします」という方法をご紹介しますね。

良かったら参考にして試してみて下さい。

まずは、カダソンシャンプーとニナゾールシャンプーを購入します。

最初の2週間ほどは毎日夜ニナゾールシャンプーで洗います。

その後は、ニナゾールシャンプーは1日おき、または様子を見ながら2~3日に1回と使用頻度を減らしていきます。
ニナゾールシャンプーを使わない日は、カダソンシャンプーで洗います。

私の場合はヒドイ状態だったので1週間に1回くらいの頻度に減らしていきながらもニナゾルシャンプーは2~3本は使います。

理由は、
かゆみや炎症が治まっても皮脂が過剰分泌を引き起こしているのがすぐに治るわけではないからです。

毎日のシャンプーで予防できていても、肌の代謝サイクルはすぐに変わるわけではありません。
治まったと思って止めてしまうとまた繰り返してしまうので、代謝サイクルが戻るまで念のため半年から1年くらいは使い続けます。

シャンプーによるケアと合わせて、今日明日のかゆみやベタつきを抑えるために皮膚科にも行きます。
薬を塗るとやはり即効性があって、今現在のかゆみや炎症抑えることができますから。

以上が、もしも今現在また脂漏性皮膚炎が悪化した場合の私の対策方法です。
この方法だと皮膚科も1回か2回くらいの受診で済ませる公算です。

私が今まで試行錯誤してきた中で、最も即効性のある対策方法だと思ってます。

追伸

ここまで私の実体験を交えて、脂漏性皮膚炎のことをお伝えしてきました。

私の場合はシャンプーを見直すまで、薬が切れるまで通院を繰り返しました。
根本的な原因がシャンプーの刺激にあったからです。

シャンプーはちょっと高いですし、私の場合はシャンプーが原因でしたがあなたの原因もシャンプーとは限りませんので、他の方法でも改善できるかもしれません。

ただ、脂漏性皮膚炎を含めフケやかゆみ、炎症などトラブルを引き起こしているなら、避けた方が良いシャンプーがあります。

それがいわゆる高級アルコール系シャンプーです。

  • ラウレス硫酸~
  • ラウリル硫酸~
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

が入っていたら避けることをおすすめします。

最近は硫酸系の洗浄剤を使われるのは減っているようですが、その代替えでよく用いられるようになっているのが「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」です。
洗浄力が強く皮脂を奪い過ぎてしまうので、肌の弱い方、脂漏性皮膚炎になってしまっている方は避けた方が良いでしょう。

薬で炎症や皮脂の過剰分泌を抑えられていても、塗り薬を止めたらまた症状をぶり返すのは、シャンプー剤の刺激が強いからです。

「シャンプーはこだわっているよ」という方は、実は頭皮に良いとされる美容オイルが脂漏性皮膚炎で繁殖しているマラセチア菌のエサになって症状を悪化させている恐れがあります。

もうはっきり言って面倒ですが「治るまで」「治ってからも半年や1年は」シャンプーの洗浄成分と保湿成分にもこだわって使うことをおすすめします。