長い髪を櫛でとかす女性

トリートメントやコンディショナーは、髪のダメージ補修と毛髪の保護を目的に使いますが、必ず必要?と感じている方も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、
必ず必要ではありません。

しかし、トリートメントやコンディショナーを使わないなら〝シャンプーの質”が大切になってきますし、毎日使わないにしても毛髪ケアに適切な頻度もありますので、あなたの髪の状態に合ったケアを続けるうえで参考になれば嬉しいです。

目的は傷んだ髪の補修や紫外線などからの保護

リンスやトリートメント、コンディショナーなど、シャンプーしたあとに使ってますか?

それぞれ役割は多少異なってきますが、いずれにしても目的は同じです。

リンスやトリートメント、コンディショナーの目的は
すでに傷んでしまっている髪の補修や保護、紫外線や摩擦による外的刺激などから髪を保護する目的があります。

髪が長ければ傷みやすくなる

ブラシが傷んだ髪に引っ掛かり顔を顰める女性

髪が長いと傷みやすいと聞いたことがあるかと思います。

確かにショートやボブよりも ロングヘアの方が傷みやすいです。

どのくらいの長さかは人によっても違い、断定することはできないのですが、ある程度の長さになると毛先まで皮脂が届かなくなってしまうため、キューティクルは髪の毛同士の摩擦で壊れます。

その結果、髪の内部の水分が失われて乾燥したり、たんぱく質も失われ特に毛先にいくほどバサバサになってしまうのでロングの方が傷みやすくなります。

トリートメントやコンディショナーは毎日使った方が良い?

トリートメントやコンディショナーは毎日使っている人がほとんどだと思いますが、必ずしも毎日使わなければならないというわけでもありません。
週に数回、もしくは使わないというのもありです。

ただし、ロングの場合は先ほどお伝えした通り傷みやすいため毎日保護してあげるために毎日使うべきです。

ショートやセミロングの場合は毛先の傷みが酷い場合なら使用したほうがいいでしょうが、そこまで傷みが酷くないのら、シャンプーのみでも大丈夫です。

とはいえシャンプーのみにするのなら、質の良いシャンプーを選ぶことが必須です。

また、潤い成分が配合されているものを選ぶようにしてあげるならコンディショナーやトリートメントを毎日しなくても良いでしょう。

関連記事

毛髪の長さやダメージで美容師がおすすめする頻度とは

美容室でドライヤーで髪を乾かしてる様子

前文に少し触れましたが、ロングなら傷んでいる、いないに関わらず、傷みやすいため基本的には毎日したほうがいいです。

ショートやセミロングの場合はダメージが少ないならトリートメントやコンディショナーをしなくても問題はありませんが、アウトバストリートメントをするか、シャンプーに保湿保護成分が入っているなら、週に二回程度でも十分でしょう。

ショートやセミロングで髪ダメージがないなら必要ない?

ショートやダメージが少ない髪でも保護をしてあげるという点は大事ですので、毎日ではなくてもトリートメントやコンディショナーすることをおすすめします。

ただし、アウトバストリートメントを使用するなら使わなくても良いでしょう。

シャンプー1本で済ますなら、質の良いシャンプーを使いましょう。
シャンプーによる髪への負担を減らせますし、美容成分が健康な髪を育みます。

関連記事

コンディショナーやトリートメントの正しい使い方

あなたはコンディショナー、トリートメントどっちを使っていますか?

コンディショナーもリンスと同様に髪の表面に作用し、手ざわりを良くしてくれます。

コンディショナーが髪の表面に作用してケアを行うのに対し、トリートメントは髪の内部に浸透して補修を行います。

自分の髪のダメージにあった方を使うべきですが、髪が特別傷んでいるわけでもなく、特に悩みがないのであればコンディショナーダメージが強い髪や、ハリ、コシ、うるおいに欠ける髪には、内部補修を狙ったトリートメントが有効でしょう。

また、両方使うなら、トリートメントが先です。

コンディショナーを先に使用すると、髪にコーディングがされた状態でトリートメントを使用することになり、トリートメントの補修成分が内部まで浸透しませんので、必ずトリートメントを先にしましょう。
トリートメントもコンディショナーも頭皮につかないように使用することが必須です。