女性の髪の分け目を虫眼鏡で見る

毛穴に汚れが詰まっている、または詰まりやすい人の特徴は

  • 一生懸命ごしごしとすっきりするまで落とす人
  • 洗髪が面倒だからとさっと洗う人

両極端ですが、
一生懸命洗い流せば当然皮脂を奪いすぎてしまい、逆に皮脂を過剰分泌させて毛穴を詰まりやすくしてしまいます。

また、洗髪にあまり時間をかけずにさっと洗うのも十分に汚れが落ちきらず毛穴に汚れなどが詰まっていってしまいます。

頭皮の毛穴に汚れが詰まる原因とは

毛穴に汚れが詰まる原因は、

  • 洗髪をあまりせず頭皮が清潔ではなかったり
  • シャンプーの際にシャンプー剤が十分に落としきれていなかったり
  • 整髪料を毎日つけていたり

などのほかにも様々あります。

洗髪をしなければ当然皮脂や汚れを洗い流さないので、毛穴が詰まりますし、すすぎ残しがあればシャンプーに含まれる刺激のある物質が毛穴にこびりつき、毛穴を塞いでしまいます。

そして整髪料は毛穴には有害となるものが多く、整髪料のつけすぎは毛穴を詰まらせる原因になりますので、洗髪はより丁寧に十分洗うことが大切です。

ゴシゴシ洗っても毛穴はキレイにできない

毛穴が詰まったならゴシゴシ洗えば毛穴に詰まった汚れを落とそうとする人がなかにはいますが、これは絶対にやめてくださいね!

そう思ってしまう気持ちはわかりますが、ごしごししたからといって毛穴はきれいになりません。

ごしごしと洗っていては毛穴を綺麗にするどころか逆に毛穴を傷つけてしまい、そこから炎症を起こしてトラブルを引き起こしかねません。

ごしごし爪をたてながら洗っているならいますぐやめましょう。

シャンプーは泡立ててから頭につける

シャンプーボトルを頭に傾ける少女

シャンプー剤をつけるときに、そのまま手のひらに出して直接頭につけていますか?

それとも手のひらに出して少し泡立ててから頭につけていますか?

多くの人が前者なのではないでしょうか。

ですが、直接頭につけると毛穴詰まりなどトラブルになる可能性が高くなります。
そのままつけるとシャンプー剤が地肌につきやすくなってしまうからです。

最初は手のひらに出して少し泡立てたから頭につけることで、シャンプー剤を地肌につきにくくしてくれるため毛穴を詰まりにくくなります。

うまくできないなんて人もいるかと思います。
その場合、毛先にシャンプー剤をつけてから空気をいれるように頭頂部で泡立てると地肌に原液の状態でつく可能性が低くなります。

すすぎが不十分だとシャンプー剤が残る

シャンプーをすすいで髪をかき上げる男性の頭部

先ほど少し触れたしたがすすぎが不十分だとシャンプー剤を落としきれず、毛穴に残ってしまうので、頭皮や毛穴は常に刺激を受けたままの状態になってしまっています。

そうなれば毛穴が詰まるだけではなく炎症を引き起こす原因になってしまいますし、臭いやフケなどの頭皮トラブルにも繋がってしまいます。

髪についている泡を流しきったから終わり。
では毛穴にシャンプー剤が残っていることが多いです。

ですので、髪の泡を流し終えた後も「ちょっと流しすぎかな?」と思うくらいがちょうどいいと思いますので少し長くすすぐことをオススメします。

コンディショナーやトリートメントは、基本的に頭皮につけないように。

コンディショナーやトリートメントはシャンプーと違って泡立てることはありませんが、コンディショナーやトリートメントもシャンプー同様に基本的には地肌につけないようにすることが大切です。

コンディショナーやトリートメントも毛穴詰まりの原因となってしまうからです。

毛穴付近の毛は毛先に比べて傷みが少ないので、傷みやすくダメージを受けやすい毛先につけるだけで十分です。
中間から毛先に向かって馴染ませるようにつけるのがオススメ。

マホ

スカルプ系・育毛系のシャンプーには、セットのコンディショナーやトリートメントで頭皮の保湿もできるものも中にはあります。
頭皮につけるタイプの場合でも、すすぎは丁寧に十分に洗い流しましょう。

関連記事

洗浄成分が優しい方が、トラブルは防げる。

安価なシャンプーは洗浄成分が刺激の強いものが多く配合されていますが、刺激の強いシャンプーを使っているとさまざまトラブルを引き起こしやすくなります。

アミノ酸などの洗浄成分が優しいものだと刺激を最小限に抑えることもできますし、なおかつ洗浄成分が優しいことで洗いすぎを予防することができるため、トラブルを防ぐことにも繋がります。

なので、頭皮や髪のことを考えるなら優しい洗浄成分かどうかを見極めることが大切です。

関連記事