頭皮マッサージする女性

薄毛の人は頭皮が硬いとよく聞くし、中には髪が薄くなってきて触ってみたら硬かった!とショックを受けている人もいると思います。

頭皮の硬化は薄毛のサインなの?と不安を感じているあなたへ

なぜ頭皮の硬化は起こり、薄毛の原因になるのか?
そして、頭皮を柔らかくするために取り組みたい毎日のヘアケア&スカルプケアについてご紹介します。

頭皮の硬化は薄毛のサインかもしれない理由

手鏡で頭皮を確認して不安げな男性

薄毛の原因すべてが頭皮の硬化というわけではありませんが、頭皮の硬さによって、血行の状態や毛穴の状態がわかります。

血行不良や毛穴が詰まっていると、ゆくゆくは薄毛になってきてしまう可能性があります。
つまり、頭皮の硬さは薄毛になるかもしれないという重要なサインの1つです。

頭皮に関わらず健康な皮膚はうるおっていて弾力がある

頭皮も肌も健康な皮膚は潤いがあって弾力があります。

赤ちゃんや子供だと弾力があってモチモチ、スベスベなのがわかりますよね。
髪だってツヤがあって天使の輪があるほどですから。

しかし、潤いや弾力のない髪は不健康でツヤやコシなどなくなりパサツキや毛が細くなったりボサボサしていてなんだかだらしない人という印象になりがちです。

ですが、皮膚は潤いや弾力があると健康な証拠ですから毛髪も艷やかな髪が生え、まとまりのある髪になります。

スカルプケアは、刺激になる添加物を避けて保湿成分も与えよう!

頭からシャワーを浴びる男性

スカルプケアとは頭皮ケアのことですが、肌同様に添加物は皮膚にとって刺激になるため避ける成分です。

それに加え保湿成分の配合されたものを選び保湿成分を頭皮に与えてあげましょう。

スカルプケア製品は頭皮の環境を考えて開発された製品が多く、皮脂を過剰に取りすぎないモノや毛穴に詰まった油分を除去するものなど、いろいろな製品があるようですが、抜け毛、育毛でお悩みの方。
フケ、かゆみでお悩みの方など、ちょっとしたケアで改善されます。

関連記事

頭皮マッサージは効果的?頭皮は筋肉が少ないから動かしてあげよう

結論からいえば、頭皮マッサージは硬くなった頭皮に効果的です!

さらに言うと、頭皮マッサージは抜け毛や薄毛の予防、白髪予防、健康な髪を作る助けになど様々な効果が期待できます。

頭皮の筋肉は顔の筋肉と繋がっており、頭皮が硬いと顔の筋肉を支えることが難しくなってしまうことから、顔の筋肉が重力に負けて垂れ下がり、たるみの原因にもなってしまいます。

しかし、頭皮マッサージを行うことで、頭皮の筋肉が弾力を取り戻し、顔の皮膚を引っ張り上げることが出来るんです。
これって一石二鳥ですよね。

また、血行促進にも効果があるので、血行不良によって硬くなった頭皮には効果バツグンです!

頭皮マッサージは、頭皮の皮膚を上下に動かしてあげることを意識して行うのがポイントです。

年齢を重ねると代謝が落ち固くなる原因に!エイジングケアはシャンプーを変えることから

心地良くシャンプーしている女性

「髪の毛のハリやコシがなくなってきた」
「最近全体的に薄毛になってきた」

など髪の毛に対する悩みやエイジングケアには、シャンプーが効果的です。

育毛シャンプーは、加齢した頭皮状態を適切にケアすることを目的としているシャンプーで、薄毛や抜け毛の予防に加えエイジングケアにもうれしい美容成分を配合し「頭皮の老化を防ぐ」ことができるシャンプーです。

年齢や肌質によって異なる頭皮環境に合わないシャンプーを使い続けても、髪や地肌によいことはありませんし、ツヤ・ハリ・コシは失われ、抜け毛などにも影響していきます。

育毛シャンプーは、頭皮が健康な状態をキープするための皮脂は潤いとして残しつつ、不要な皮脂汚れのみを取り除けるよう、皮脂分泌や頭皮を考慮して作られていますので、男性も女性もまずはシャンプーを変えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

シャンプーは夜した方が良い理由

朝シャンと夜シャン。

夜は仕事など忙しいと特に億劫になりがちで、朝シャンと言う人もしばしば。
ではスカルプケアにはどちらが効果的なのかというと断然夜シャンです。

頭髪の成長は夜、寝ている間に行われます。
夜、眠ってから深い眠りに入った頃に成長ホルモンの分泌量が増加し、それによって髪の毛もぐんぐん成長していくのです。

夜のうちにシャンプーをしないと、せっかく成長できる時間帯にもかかわらず、溜まった汚れや皮脂などが邪魔をしてきちんと成長できなくなってしまいます。
ですから、頭髪や頭皮の事を大切に思うのならば、夜、寝る前には必ずシャンプーをして清潔な状態で眠るようにしたほうが良いでしょう。

加齢とともに皮脂の分泌は少なくなる。年齢に合わせてシャンプーの頻度を変える

若い頃は皮脂の分泌量が多く、多少脱脂力が強いシャンプーでもトラブルを招くことは少ないのですが、皮脂の分泌量は加齢と共にどんどん減っていきます。

減っていくにも関わらず、若い頃に使っていたものや脱脂力の強いシャンプーを使っていると只でさえ分泌量が少ないのに皮脂を洗い流していては当然頭皮はカラカラになり乾燥してしまいます。

また、シャンプーの頻度も同じで回数が多ければ多いほど、皮脂は流れ落ちていきますので、皮脂の分泌量が少なくなってくる30代からは多くて1日1回くらいがいいです。
また、頭皮の乾燥がヒドイなら、2日に1回、またはお休みの日はシャンプーしないなど洗う回数を減らしてみて下さい。

洗い方や洗う回数、シャンプーの頻度を見直すと最初は違和感を感じるかもしれませんが、皮脂の分泌や肌バリアが変わり徐々に慣れていきますので3か月くらいは続けてみましょう。

関連記事